作成者別アーカイブ: takeuchi

takeuchi

takeuchi について

東京生まれ。西武百貨店勤務を経て株式会社カデナクリエイト設立。雑誌、社内報、単行本、webなど媒体問わず執筆。興味の中心は人事制度や社内教育だったが、最近は、インターンシップ、塾、学校など『教育』全般に広がっている。苦手は整理整頓。

アポ取りの技術  「広報部を探せ」作戦

ライターになったことを心から悔やむ時がある。
それは、取材のアポがなかなか決まらない時だ。

tori

 

 

 

 

 

そもそも知らない人と電話で話すのが大の苦手。メールで済ませたいところだが、HPに代表番号しか出ていないところが多い。だから勇気をふりしぼって電話をしてるのに…。

担当者が全然つかまらない
「後日、こちらから電話します」といったのに、ちっとも電話が来ない
立て続けに断られた……。

アポが決まらないまま、締切日が刻一日と近づくごとに不安が増していく。
「本当にアポがとれるのだろうか」
「取れなかったらどうしよう」
「取材申込書の書き方が悪かったのかしら?」…。

1週間もすれば不安がイライラに変わり、やがて猜疑心に変化する。
「居留守を使っているのでは?」
「ひょっとして意地悪をされてる?」
「弱小編プロだから相手にされてない?」

こんな被害妄想的な精神状態に追い込まれるのは、悲しいほどに小心者だからだろう。

どれだけアポがとれなくても、「雑誌に白紙のページがあるのはみたことないだろう? 何とかなるものさ」と悠然と構えているライターもいる。うらやましいが、そんな真似は逆立ちしてもできない。

ならば、アポ取りの時間を少しでも短縮する努力をするしかないわけだ。

アポ取りで手間取るパターンのNO.1は、代表番号→広報部と正式な手順を踏んだケース。自分が取材したいと思うヒット商品や人気サービスは、当然、他の人も取材したい。だから、取材申し込みが殺到して担当している広報スタッフは大忙しでほとんど席にいない。

結果、代表番号に電話しても、電話しても広報の担当者につながらないわけだ。担当者とコンタクトがとれるまでに一週間近くかかるといったことは珍しくない。そこで断られると、半日は落ち込みから立ち直れない。

問い合わせ先

こんな目にあわないように、現在、実施中なのが、「広報部を探せ」作戦。教えてくれなければ、自分で探そうホトトギスというわけだ。

企業のサイトを一通りみて、「取材のお問合せ」のページがなければ、広報部検索に突入。「A社 広報 03」「A社 商品名 広報」「A社 問い合わせ」などキーワードを組み合わせて検索すれば、かなりの確率で広報の直通番号やアドレスが見つかる。直通番号が分かれば、業務時間外でも電話がつながるので、高い確率でコンタクトができる。

ニュースリリース(プレスリリース)をかたっぱしからチェックするという手もある。ニュースリリースは、企業のHP内のニュースリリースのサイト、いろいろな企業のニュースリリースを集めたニュースリリース配信サイトなどに掲載されている。

ニュースリリース

広報関連の情報を探しながら人事やサービスなど、様々なニュースリリースを眺めることは、取材の下調べにもなり一石二鳥だ。一部のニュースリリースの下に、広報の直通番号に加えて、広報担当者、さらに担当者個人のメールアドレスが出ていることがあるからだ。担当者がつかまれば話は早い。こちらの事情もわかっているので、取材の可否はすぐに教えてくれる。

「広報部を探せ」作戦に切り替えてから、イライラはずいぶんと緩和された。アポ取りでイライラしている人は、ぜひお試しあれ。ただし、いきなり広報担当者宛にメールを出すと、「な、なんで、僕のアドレスを知ってるんですか!?」とストーカーチックにみられることもあるのでご注意!


「人間拡張工学」とは? Going Digital インタビューの構成を担当しました

こんにちは。果敢にITチャレンジ中の竹内です。

今回のハーバードビジネスレビューオンラインのスペシャルトピックス「Going Digital インタビュー」では、光学迷彩で有名な稲見昌彦先生のインタビューの構成を担当しました。

いつものように大緊張でしたが、「科学者って自分が苦手なことを研究するんですよ。僕が人間拡張工学を研究するのは体育が苦手だったから。あっ。でも人工知能の研究者は…?」といきなり笑わせて下さり、なごやかムードで取材がスタートしました。

とにかく面白かったのは、先生の発想。たとえば、文明の進歩については「生物は遺伝子を変化させながら進化するけど、人間は、道具をつくったり、環境を自ら変えることによって、進歩という進化をとげている」といった考え方を示してくれました。いちいち、「へぇ~~」と目から鱗の連続でした。

バーチャルリアリティが当たり前になったら世の中どうなるのか?興味がある人は、ぜひぜひ一読してみてください。

“人機一体”で人間はどう変わるのか「人間拡張工学」がもたらす新しい世界


ビッグデータとは!? Going Digital インタビューの構成を担当しました

あけましておめでとうございます。
「IT苦手」を克服するために、最近、果敢にIT系の仕事に取り組み始めている竹内です。
ということで、ハーバードビジネスレビューオンラインのスペシャルトピックス「Going Digital インタビュー」の構成を担当しました。

今回のテーマはビッグデータについて。「スマートデータ・イノベーション」(翔泳社)の著書がある国際大学グローバル・コミュニケーション・センター主任研究員/准教授の中西 崇文先生にお話しを伺いました。

そもそもビッグデータは何?という素朴な疑問から、その活用方法まで、トンチンカンな質問や反応にも呆れた顔もせず、分かりやすい例をあげながら懇切丁寧に解説してくださいました。

たとえば、所得が高いタクシーの運転手と稼ぎが悪いタクシーの運転手の走行ルートを調べることで、一般に言われている儲かるルートが間違っていることが分かったり、会議で使用されている単語とテーマの関連性を拾っていくことで「無駄な会議」か「有意義な会議」か分析できるといった身近なビッグデータの使い方で説明してくれるといった具合です。インタビュー終了後は、すっかりビッグデータ通になったような気分になりました。

そもそも中西先生は、分かりやすい解説で定評があります。ビッグデータについて今一つわからないという方は、ぜひぜひのぞいてみてください。

ビッグデータは「マス」から「個客」へマーケティングの回帰を促す


『週刊東洋経済』12月5日号で一部執筆しました

週刊東洋経済 2015年 12/05号[雑誌]

こんにちは。小さいながらもマンションに住む竹内です。
ということで、今回の特集「これからのマンション選び」の執筆を一部お手伝いしました。

「杭問題」を受けて、前半は欠陥、点検、安全な施工会社などが中心。
後半は資産価値を守るという観点からの管理の記事が中心です。

この中で、私は「大規模マンションの管理組合の理事長座談会」と「管理のツボ」を担当しました。

大規模マンションの理事長の方たちは、いずれも経営や技術などのプロ。座談会を見学していると、年間数億円から数十億円が動き、住民が数千人いるような大規模マンションの管理は、このレベルの人たちがかなり本気で取り組まなければ回らないことがよくわかりました。
また、「管理のツボ」では、コンンサルタントや管理会社の取材をもとに、管理組合のあり方、管理会社とのつきあい片などを解説しました。

「ドアが開けにくいけど、ひょっとしたら傾いている?」「うちのマンションの滞納者への対応どうなってたっけ?」「エアービーアンドビー対策はとるべきかしら?」「消耗品とかひょっとして定価で交わされいる?」……。
いずれの記事もマンション住まいの人にとっては、なかなか興味深く読めるのではないでしょうか?
ぜひぜひ手にとってみてください。


日本文化を紹介する体験型カフェ 「社長の繁盛トレンド通信」で原宿のOnJapan CAFÉを紹介

こんにちは! 最近、神楽坂がお気に入りの竹内です。

日本経営合理化協会のwebマガジン「社長の繁盛トレンド通信」第86回は、「Something on Japan」「For beginners」をコンセプトに日本文化を紹介する原宿の「OnJapan CAFÉ」を取り上げました。

カフェ外観

1番意識しているのは外国人観光客ですが、「For beginners」としたことで日本人客を呼び込むことにも成功しています。グローバル化にともなって、日本文化について聞かれて困る局面が増えた日本人のニーズにも応えようとしているわけです。

外国人が増えることで、日本文化ツアーを開催したり、企業のアウトバウンドビジネスをサポートしたり、新たなビジネスも次々に生まれています。
オーナーの原田有紀子氏はPR事業やマーケティング事業の専門家。外資系企業とも数多く仕事をしてきたアイデアマン。様々な楽しみとビジネスチャンスが埋まってるこの店には、プラットフォームの発想方法のヒントが満載です。

そんなお店の魅力を豊富な写真と一緒に紹介。ぜひぜひのぞいてみてください。
http://www.jmca.jp/column/kadena/spot87.html